ページ内移動用のリンクです
  1. ホーム
  2. お知らせ

お知らせ

NEW
SBI証券にて、「グローバル自動運転関連株式ファンド(為替ヘッジあり)」、「グローバル自動運転関連株式ファンド(為替ヘッジなし)」の取扱いが始まりました。
NEW
楽天証券にて、「三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド」、「三井住友・DCターゲットイヤーファンド2040(4資産タイプ)」、「三井住友・DCターゲットイヤーファンド2045(4資産タイプ)」、「外国株式指数ファンド」、「グローバル自動運転関連株式ファンド(為替ヘッジあり)」、「グローバル自動運転関連株式ファンド(為替ヘッジなし)」の取扱いが始まりました。
NEW
エイチ・エス証券にて、「三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド」、「三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド」、「三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド」、「三井住友・DC新興国株式インデックスファンド」、「三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)」、「三井住友・DC年金バランス50(標準型)」、「三井住友・DC年金バランス70(株式重点型)」、「三井住友・DCターゲットイヤーファンド2040(4資産タイプ)」、「三井住友・DCターゲットイヤーファンド2045(4資産タイプ)」の取扱いが始まりました。
NEW
SBI証券にて、「三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド」、「外国株式指数ファンド」、「三井住友・DCターゲットイヤーファンド2040(4資産タイプ)」、「三井住友・DCターゲットイヤーファンド2045(4資産タイプ)」の取扱いが始まりました。
野村證券(野村ネット&コール)にて、「高成長インド・中型株式ファンド」の取扱いが始まりました。
松井証券にて、「グローバル・ハイブリッド証券ファンド(為替ノーヘッジ型)」、「三井住友・ニュー・チャイナ・ファンド」、「三井住友・ライフビュー・日本債券ファンド」、「三井住友・ロシア株式オープン」の取扱いが始まりました。
フィデリティ証券にて、「三井住友・ピムコ・ストラテジック・インカムファンド(為替ヘッジあり/年1回決算型)」、「三井住友・ピムコ・ストラテジック・インカムファンド(為替ヘッジなし/年1回決算型)」、「三井住友・ピムコ・ストラテジック・インカムファンド(為替ヘッジあり/3カ月決算型)」、「三井住友・ピムコ・ストラテジック・インカムファンド(為替ヘッジなし/3カ月決算型)」の取扱いが始まりました。
岡三オンライン証券にて、「ベトナム株式ファンド」の取扱いが始まりました。
松井証券にて、「三井住友・中小型株ファンド」、「三井住友・アジア・オセアニア好配当株式オープン」、「三井住友・米国ハイ・イールド債券ファンド(為替ヘッジ型)」の取扱いが始まりました。
岡三オンライン証券にて、「グローバルAIファンド」、「高成長インド・中型株式ファンド」の取扱いが始まりました。
松井証券にて、「アセアン成長国株ファンド」、「三井住友・アジア4大成長国オープン」、「三井住友・インド・中国株オープン」、「三井住友・げんきシニアライフ・オープン」、「三井住友・配当フォーカスオープン」の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「ベトナム株式ファンド」の取扱いが始まりました。
フィデリティ証券にて、「アセットアロケーション・ファンド(安定型)」、「アセットアロケーション・ファンド(安定成長型)」、「アセットアロケーション・ファンド(成長型)」の取扱いが始まりました。
GMOクリック証券にて、「香港ハンセン指数ファンド」、「三井住友・アジア・オセアニア好配当株式オープン」の取扱いが始まりました。
岡三オンライン証券にて、「三井住友・日本債券インデックス・ファンド」の取扱いが始まりました。
フィデリティ証券にて、「グローバルAIファンド」、「グローバルAIファンド(為替ヘッジあり)」の取扱いが始まりました。
岡三オンライン証券にて、「三井住友・配当フォーカスオープン」の取扱いが始まりました。
ソニー銀行にて、「グローバルAIファンド」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「トヨタグループ・バランスファンド」、「三井住友・JPX日経400オープン」の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「三井住友・配当フォーカスオープン」の取扱いが始まりました。
ジャパンネット銀行「にて、「グローバルAIファンド」の取扱いが始まりました。
野村證券にて、「グローバルAIファンド」、「グローバルAIファンド(為替ヘッジあり)」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「グローバルAIファンド(為替ヘッジあり)」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「グローバルAIファンド(為替ヘッジあり)」の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「グローバルAIファンド」、「グローバルAIファンド(為替ヘッジあり)」の取扱いが始まりました。
カブドットコム証券株式会社にて、「グローバルAIファンド」、「三井住友・DC日本株式インデックスファンドS」、「三井住友・DC外国リートインデックスファンド」、「三井住友・DC日本リートインデックスファンド」、「三井住友・DC世界バランスファンド(動的配分型)」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「グローバルAIファンド」、「Jリート・アジアミックス・オープン(毎月決算型)」、「Jリート・アジアミックス・オープン(資産成長型)」の取扱いが始まりました。
株式会社イオン銀行にて、「コーポレート・ボンド・インカム(為替ノーヘッジ型)」、「コーポレート・ボンド・インカム(為替ノーヘッジ型/1年決算型)」の取扱いが始まりました。
ソニー銀行株式会社にて、「三井住友・げんきシニアライフ・オープン」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「グローバルAIファンド」、「三井住友・新興国ハイクオリティ株式ファンド」、「三井住友・新興国債券トータルリターン・ファンド(為替ヘッジあり)」、「三井住友・新興国債券トータルリターン・ファンド(為替ヘッジなし)」の取扱いが始まりました。
楽天証券株式会社にて、「SMBC・日興資産成長ナビゲーション」、「三井住友・公益債券投信(毎月決算型)」、「三井住友・公益債券投信(資産成長型)」、「オーストラリア・バランス(毎月決算型)」、「オーストラリア・バランス(資産成長型)」、「オーストラリア・バランス(為替ヘッジ型)」、「三井住友・米国ハイクオリティ株式ファンド(為替ヘッジあり)」、「三井住友・米国ハイクオリティ株式ファンド(為替ヘッジなし)」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「SMBC・日興資産成長ナビゲーション」、「三井住友・公益債券投信(毎月決算型)」、「三井住友・公益債券投信(資産成長型)」、「オーストラリア・バランス(毎月決算型)」、「オーストラリア・バランス(資産成長型)」、「オーストラリア・バランス(為替ヘッジ型)」、「三井住友・米国ハイクオリティ株式ファンド(為替ヘッジあり)」、「三井住友・米国ハイクオリティ株式ファンド(為替ヘッジなし)」、「三井住友・新興国ハイクオリティ株式ファンド」、「三井住友・新興国債券トータルリターン・ファンド(為替ヘッジあり)」、「三井住友・新興国債券トータルリターン・ファンド(為替ヘッジなし)」の取扱いが始まりました。
松井証券にて、「三井住友・日本債券インデックス・ファンド」、「三井住友・DC外国債券インデックスファンド」、「三井住友・DC全海外株式インデックスファンド」、「三井住友・DC新興国株式インデックスファンド」、「三井住友・DC日本株式インデックスファンドS」、「三井住友・DC日本リートインデックスファンド」、「三井住友・DC外国リートインデックスファンド」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「アジア好利回りリート・ファンド(年1回決算型)」、「アジア・ハイイールド債券ファンド毎月分配型(通貨プレミアムコース)」、「アジア・ハイイールド債券ファンド毎月分配型(ヘッジなしコース)」の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「米国・地方公共事業債ファンド(為替ヘッジあり)」、「米国・地方公共事業債ファンド(為替ヘッジなし)」の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「三井住友・米国ハイクオリティ株式ファンド(為替ヘッジあり)」、「三井住友・米国ハイクオリティ株式ファンド(為替ヘッジなし)」、「三井住友・新興国債券トータルリターン・ファンド(為替ヘッジあり)」、「三井住友・新興国債券トータルリターン・ファンド(為替ヘッジなし)」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「三井住友・ニュー・アジア・ファンド」の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「オーストラリア・バランス(資産成長型)」、「オーストラリア・バランス(毎月決算型)」、「オーストラリア・バランス(為替ヘッジ型)」の取扱いが始まりました。
フィデリティ証券にて、「三井住友・グローバル・リート・オープン【愛称:世界の大家さん】」、「Jリート・アジアミックス・オープン(資産成長型)」、「Jリート・アジアミックス・オープン(毎月決算型)」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「アジア好利回りリート・ファンド(年1回決算型)」の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「SMAM・グローバルバランスファンド(機動的資産配分型)」、「三井住友・ライフビュー・バランスファンド30(安定型)」、「三井住友・ライフビュー・バランスファンド50(標準型)」、「三井住友・ライフビュー・バランスファンド70(積極型)」、「三井住友・DC日本株式インデックスファンドS」、「三井住友・DC日本リートインデックスファンド」、「三井住友・DC外国リートインデックスファンド」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「三井住友・DC日本株式インデックスファンドS」、 「三井住友・DC世界バランスファンド(動的配分型)」、 「三井住友・DC日本リートインデックスファンド」、「三井住友・DC外国リートインデックスファンド」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「三井住友・DC日本株式インデックスファンドS」、 「三井住友・DC世界バランスファンド(動的配分型)」、 「三井住友・DC日本リートインデックスファンド」、「三井住友・DC外国リートインデックスファンド」の取扱いが始まりました。
イオン銀行にて、「イオン・バランス戦略ファンド【愛称:みらいパレット】」の取扱いが始まりました。 (当初募集期間:9月12日~10月11日、設定:10月12日)
楽天証券にて、「米国・地方公共事業債ファンド(為替ヘッジあり)【愛称:アメリカン・スター】」、「米国・地方公共事業債ファンド(為替ヘッジなし)【愛称:アメリカン・スター】」の取扱いが始まりました。
野村證券にて、 「三井住友・げんきシニアライフ・オープン」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「米国・地方公共事業債ファンド(為替ヘッジあり)【愛称:アメリカン・スター】」、「米国・地方公共事業債ファンド(為替ヘッジなし)【愛称:アメリカン・スター】」の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「日系企業海外債券オープン(為替ヘッジあり)【愛称:日本びより】」、「日系企業海外債券オープン(為替ヘッジなし)【愛称:日本びより】」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「日系企業海外債券オープン(為替ヘッジあり)【愛称:日本びより】」、「日系企業海外債券オープン(為替ヘッジなし)【愛称:日本びより】」の取扱いが始まりました。
フィデリティ証券にて、「グローバル・ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジ型)」、「グローバル・ハイブリッド証券ファンド(為替ノーヘッジ型)」の取扱いが始まりました。
カブドットコム証券にて、「日本超長期国債ファンド」、「コーポレート・ボンド・インカム(為替ヘッジ型/1年決算型) 【愛称:泰平航路1年決算型】」、「コーポレート・ボンド・インカム(為替ノーヘッジ型/1年決算型) 【愛称:泰平航路1年決算型】」、「YOURMIRAI フレキシブル・ボンドアロケーション(米ドル円ヘッジ)」、「YOURMIRAI フレキシブル・ボンドアロケーション(為替ヘッジなし)」、「グローバル高金利通貨ファンド 【愛称:プレミアムエイト】」、「日本株・アクティブ・セレクト・オープン」、「三井住友・フォーカス・ジャパン・オープン」、「三井住友・日本株・成長力ファンド 【愛称:杉の子】」、「米国ハイ・インカムBDCファンド(毎月決算型)」、「米国ハイ・インカムBDCファンド(年1回決算型)」、「インド内需関連株式ファンド」、「アセアン内需関連株式ファンド」、「ヘルスケア・リート・プラス」、「三井住友・グローバル・リート・オープン(1年決算型) 【愛称:世界の大家さん】」、「トヨタグループ・バランスファンド(年1回決算型)」の取扱いがはじまりました。
SBI証券にて、「グローバル金融ハイブリッド証券プレミアム(毎月決算型)」、「三井住友・日本株式応援ファンド【愛称:日本の復活】」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「YOURMIRAI フレキシブル・ボンドアロケーション(米ドル円ヘッジ)」、「YOURMIRAI フレキシブル・ボンドアロケーション(為替ヘッジなし)」、「日本超長期国債ファンド」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「日系企業海外債券オープン(為替ヘッジあり)【愛称:日本びより】」、「日系企業海外債券オープン(為替ヘッジなし)【愛称:日本びより】」の取扱いが始まりました。
カブドットコム証券にて、 「三井住友・ピムコ・ストラテジック・インカムファンド(為替ヘッジなし/年1回決算型)」、「三井住友・ピムコ・ストラテジック・インカムファンド(為替ヘッジあり/年1回決算型)」、「米国短期ハイ・イールド・ボンド・ファンド(為替ヘッジなし)」、「米国短期ハイ・イールド・ボンド・ファンド(為替ヘッジあり)」、「三井住友・米国ハイ・イールド債券ファンド(為替ノーヘッジ型)」、「世界高金利債券ファンド 【愛称:債券万博】」、「高格付海外債券ファンド(毎月分配型) 【愛称:きらきら星】」、「三井住友・配当フォーカスオープン」、「ジャパン・アクティブ・セレクト・オープン」、「日本割安株オープン 【愛称:ザ・バリューオープン】」、「三井住友・ニュー・アジア・ファンド」、「アセットアロケーション・ファンド(安定型) 【愛称:らっぷちゃん】」、「アセットアロケーション・ファンド(成長型) 【愛称:らっぷちゃん】」、「アセットアロケーション・ファンド(安定成長型) 【愛称:らっぷちゃん】」の取扱いが始まりました。
フィデリティ証券にて、「コーポレート・ボンド・インカム(為替ノーヘッジ型)【愛称:泰平航路】」、「インド債券ファンド(毎月分配型)」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「三井住友・ニュー・アジア・ファンド」「アセットアロケーション・ファンド(安定型)」、「アセットアロケーション・ファンド(安定成長型)」、「アセットアロケーション・ファンド(成長型)」、「トヨタグループ・バランスファンド(年1回決算型)」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「アセットアロケーション・ファンド(安定型)」、「アセットアロケーション・ファンド(安定成長型)」、「アセットアロケーション・ファンド(成長型)」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「日本超長期国債ファンド」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「ヘルスケア・リート・プラス」、「トヨタグループ・バランスファンド(年1回決算型)」の取扱いが始まりました。
イオン銀行にて、「トヨタグループ株式ファンド」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「三井住友・バンガード海外株式ファンド」、「ジャパン・アクティブ・セレクト・オープン」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「ヘルスケア・リート・プラス」の取扱いが始まりました。
フィデリティ証券にて、「三井住友・DC全海外株式インデックスファンド」、「三井住友・DC外国債券インデックスファンド」、「三井住友・DC新興国株式インデックスファンド」の取扱いが始まりました。
岡三オンライン証券にて、「三井住友・げんきシニアライフ・オープン」の取扱いが始まりました。
フィデリティ証券にて、「YOURMIRAI ワールド・リゾート」、「三井住友・げんきシニアライフ・オープン」、「TPP戦略株式ファンド」の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「三井住友・日本債券インデックス・ファンド」、「三井住友・DC外国債券インデックスファンド」、「三井住友・DC全海外株式インデックスファンド」、「三井住友・DC新興国株式インデックスファンド」の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)」、「三井住友・DC年金バランス50(標準型)」、「三井住友・DC年金バランス70(株式重点型)」、「三井住友・DC年金バランスゼロ(債券型)」の取扱いが始まりました。
カブドットコム証券にて、「三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)」、「三井住友・DC年金バランス50(標準型)」、「三井住友・DC年金バランス70(株式重点型)」、「三井住友・DC年金バランスゼロ(債券型)」、「三井住友・中小型株ファンド」、「三井住友・225オープン」、「三井住友・グローバル・リート・プラス」、「三井住友・豪ドル債ファンド」、 「日興エドモン・ドゥ・ロスチャイルド・ラグジュアリーファンド」、「ベトナム株式ファンド」、「日興メキシコ債券ファンド(毎月分配型)」、「日興メキシコ債券ファンド(資産成長型)」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「TPP戦略株式ファンド」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「三井住友・日本債券インデックス・ファンド」、「三井住友・DC外国債券インデックスファンド」、「三井住友・DC全海外株式インデックスファンド」、「三井住友・DC新興国株式インデックスファンド」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)」、「三井住友・DC年金バランス50(標準型)」、「三井住友・DC年金バランス70(株式重点型)」、「三井住友・DC年金バランスゼロ(債券型)」の取扱いが始まりました。
カブドットコム証券にて、「三井住友・日本債券インデックス・ファンド」、「三井住友・DC外国債券インデックスファンド」、「三井住友・DC全海外株式インデックスファンド」、「三井住友・DC新興国株式インデックスファンド」、「TPP戦略株式ファンド」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「TPP戦略株式ファンド」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)」、「三井住友・DC年金バランス50(標準型)」、「三井住友・DC年金バランス70(株式重点型)」、「三井住友・DC年金バランスゼロ(債券型)」の取扱いが始まりました。
岡三オンライン証券にて、「SMAM・グローバルバランスファンド(機動的資産配分型)」、「三井住友・ライフビュー・バランスファンド30(安定型)」、「三井住友・ライフビュー・バランスファンド50(標準型)」、「三井住友・ライフビュー・バランスファンド70(積極型)」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「SMAM・グローバルバランスファンド(機動的資産配分型)」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「三井住友・日本債券インデックス・ファンド」、「三井住友・DC全海外株式インデックスファンド」、「三井住友・DC新興国株式インデックスファンド」、「三井住友・DC外国債券インデックスファンド」の取扱いが始まりました。
岡三オンライン証券にて、「YOURMIRAI ワールド・リゾート」、「YOURMIRAI 日本株マキシマム・ブル」、「YOURMIRAI 米国株マキシマム・ブル」、「YOURMIRAI 欧州株マキシマム・ブル」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて「ヨーロッパ・割安戦略株式ファンド(為替ヘッジなし)」「ヨーロッパ・割安戦略株式ファンド(為替ヘッジあり)」の取扱いが始まりました。
カブドットコム証券にて、「SMAM・グローバルバランスファンド(機動的資産配分型)」、「三井住友・ライフビュー・バランスファンド70(積極型)」、「三井住友・ライフビュー・バランスファンド50(標準型)」、「三井住友・ライフビュー・バランスファンド30(安定型)」、「ヨーロッパ・割安戦略株式ファンド(為替ヘッジなし)」、「ヨーロッパ・割安戦略株式ファンド(為替ヘッジあり)」、「日興・中国構造改革ファンド」、「日興・新経済成長国エクイティ・ファンド」、「日興コタック・インド債券ファンド(毎月分配型)」、「日興グラビティ・ヨーロピアン・ファンド」、「SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)」、「SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(円)」、「SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(豪ドル)」、「SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(中国元)」、「SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(南アランド)」の取扱いが始まりました。
フィデリティ証券にて、「高成長インド・中型株式ファンド」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「SMAM・グローバルバランスファンド(機動的資産配分型)」の取扱いが始まりました。
エイチ・エス証券にて、「アジア好利回りリート・ファンド」の取扱いが始まりました。
エイチ・エス証券にて、「ベトナム株式ファンド」の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「三井住友・げんきシニアライフ・オープン」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「コーポレート・ボンド・インカム(為替ノーヘッジ型/1年決算型)【愛称:泰平航路1年決算型】」、「コーポレート・ボンド・インカム(為替ヘッジ型/1年決算型)【愛称:泰平航路1年決算型】」、「米国ハイ・インカムBDCファンド(毎月決算型)」、「米国ハイ・インカムBDCファンド(年1回決算型)」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「三井住友・ピムコ・ストラテジック・インカムファンド(為替ヘッジなし/3カ月決算型)」、「三井住友・ピムコ・ストラテジック・インカムファンド(為替ヘッジあり/3カ月決算型)」、「三井住友・ピムコ・ストラテジック・インカムファンド(為替ヘッジなし/年1回決算型)」、「三井住友・ピムコ・ストラテジック・インカムファンド(為替ヘッジあり/年1回決算型)」の取扱いが始まりました。
エイチ・エス証券にて、「高成長インド・中型株式ファンド」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「ヨーロッパ・割安戦略株式ファンド(為替ヘッジなし)」、「ヨーロッパ・割安戦略株式ファンド(為替ヘッジあり)」、「三井住友・ピムコ・ストラテジック・インカムファンド(為替ヘッジなし/3カ月決算型)」、「三井住友・ピムコ・ストラテジック・インカムファンド(為替ヘッジあり/3カ月決算型)」、「三井住友・ピムコ・ストラテジック・インカムファンド(為替ヘッジなし/年1回決算型)」、「三井住友・ピムコ・ストラテジック・インカムファンド(為替ヘッジあり/年1回決算型)の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「日興ニューバーガー米国小型ハイクオリティファンド(毎月決算型)」、「日興ニューバーガー米国小型ハイクオリティファンド(資産成長型)」の取扱いが始まりました。
カブドットコム証券にて、「YOURMIRAI ワールド・リゾート」、「高成長インド・中型株式ファンド」、「三井住友・日経225オープン」、「日興エドモン・ドゥ・ロスチャイルド・ブランド・ファンド」、「日興ニューバーガー米国小型ハイクオリティファンド(毎月決算型)」、「日興ニューバーガー米国小型ハイクオリティファンド(資産成長型)」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「チャイナ内需関連株式ファンド」、「韓国内需関連株式ファンド」の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて「YOURMIRAI ワールド・リゾート」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「SMBC・日興ニューワールド株式ファンド(為替ヘッジなし)」、「SMBC・日興ニューワールド株式ファンド(為替ヘッジあり)」、「SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)」、「SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(南アランド)」、「SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(中国元)」、「SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(豪ドル)」、「SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(円)」、「インド内需関連株式ファンド」、「アセアン内需関連株式ファンド」、「チャイナ内需関連株式ファンド」、「韓国内需関連株式ファンド」、「日興アジア高成長内需関連ファンド(毎月決算型)」、「日興アジア高成長内需関連ファンド(資産成長型)」、「日興ニューバーガー米国小型ハイクオリティファンド(毎月決算型)」、「日興ニューバーガー米国小型ハイクオリティファンド(資産成長型)」、「日興パクチュアル・ブラジルインフレ連動債券ファンド 毎月分配型(ヘッジなしコース)」、「日興パクチュアル・ブラジルインフレ連動債券ファンド 毎月分配型(円・米ドルヘッジコース)」、「日興パクチュアル・ブラジルインフレ連動債券ファンド 毎月分配型(円・ユーロヘッジコース)」、「日興パクチュアル・ブラジルインフレ連動債券ファンド 資産成長型(ヘッジなしコース)」、「日興メキシコ債券ファンド(毎月分配型)」<愛称:ラ・バンバ>、「日興メキシコ債券ファンド(資産成長型)」<愛称:ラ・バンバ>の取扱いが始まりました。
フィデリティ証券にて、「アジア好利回りリート・ファンド」、「アジア好利回りリート・ファンド・トルコリラ」、「アジア好利回りリート・ファンド・ブラジルレアル」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「日興エドモン・ドゥ・ロスチャイルド・ブランド・ファンド」、「日興エドモン・ドゥ・ロスチャイルド・ラグジュアリーファンド」、「日興アジア高成長内需関連ファンド(資産成長型)」、「日興パクチュアル・ブラジルインフレ連動債券ファンド 資産成長型(ヘッジなしコース)」、「日興ワールドCBファンド(円ヘッジなしコース)」、「日興・中国構造改革ファンド」<愛称:チャイナルネサンス>、「日興アジア・ハイイールド債券プレミアムファンド(毎月分配型)」の取扱いが始まりました。
エイチ・エス証券にて、「YOURMIRAI ワールド・リゾート」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「YOURMIRAI ワールド・リゾート」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「インド内需関連株式ファンド」、「日興パクチュアル・ブラジルインフレ連動債券ファンド毎月分配型(円・米ドルヘッジコース)」、「日興パクチュアル・ブラジルインフレ連動債券ファンド毎月分配型(円・ユーロヘッジコース)」、「日興パクチュアル・ブラジルインフレ連動債券ファンド毎月分配型(ヘッジなしコース)」、「日興ワールドCBファンド(円ヘッジありコース)」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「日興ワールドCBファンド(通貨アルファ戦略コース)」、「日興ワールドCBファンド(円ヘッジありコース)」、「日興ワールドCBファンド(円ヘッジなしコース)」、「日興アジア・ハイイールド債券プレミアムファンド(毎月分配型)」、「日興エドモン・ドゥ・ロスチャイルド・ブランド・ファンド」、「日興エドモン・ドゥ・ロスチャイルド・ラグジュアリーファンド」、「日興・中国構造改革ファンド」<愛称:チャイナルネサンス>、「日興アムンディ・グローバル金融機関ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジあり/限定追加型)」、「日興グラビティ・ヨーロピアン・ファンド」<愛称:ユーロビート>の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「日興メキシコ債券ファンド(資産成長型)」<愛称:ラ・バンバ>、「日興グラビティ・ヨーロピアン・ファンド」<愛称:ユーロビート>、「米国短期ハイ・イールド・ボンド・ファンド(為替ヘッジあり)」、「米国短期ハイ・イールド・ボンド・ファンド(為替ヘッジなし)」、「日興ワールドCBファンド(通貨アルファ戦略コース)」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて「YOURMIRAI ワールド・リゾート」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「アセアン内需関連株式ファンド」、「日興アムンディ・グローバル金融機関ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジあり/限定追加型)」、「日興・新経済成長国エクイティ・ファンド」<愛称:EG5>、「日興メキシコ債券ファンド(毎月分配型)」<愛称:ラ・バンバ>、「日本割安株オープン」<愛称:ザ・バリューオープン>、「日興アジア高成長内需関連ファンド(毎月決算型)」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「米国短期ハイ・イールド・ボンド・ファンド(為替ヘッジなし)」、「米国短期ハイ・イールド・ボンド・ファンド(為替ヘッジあり)」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)」、「SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(円)」、「SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(豪ドル)」、「SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(中国元)」、「SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(南アランド)」、「SMBC・日興ニューワールド株式ファンド(為替ヘッジなし)」、「SMBC・日興ニューワールド株式ファンド(為替ヘッジあり)」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「日興ニューバーガー米国小型ハイクオリティファンド(毎月決算型)」、「日興ニューバーガー米国小型ハイクオリティファンド(資産成長型)」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「日興・新経済成長国エクイティ・ファンド」<愛称:EG5>、「日興コタック・インド債券ファンド(毎月分配型)」、「日本割安株オープン」<愛称:ザ・バリューオープン>の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「日興コタック・インド債券ファンド(毎月分配型)」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「ETFバランス・ファンド」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「ETFバランス・ファンド」、「ジャパン・アクティブ・セレクト・オープン」の取扱いが始まりました。
カブドットコム証券にて、「YOURMIRAI 欧州株マキシマム・ブル」、「YOURMIRAI 米国株マキシマム・ブル」、「YOURMIRAI 日本株マキシマム・ブル」、「米国中小型ファンド・米ドルコース」、「米国中小型ファンド・円コース」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「米国中小型ファンド・米ドルコース」、「米国中小型ファンド・円コース」の取扱いが始まりました。
イオン銀行にて、「ヨーロッパ・割安戦略株式ファンド(為替ヘッジなし)」の取扱いが始まりました。
ソニー銀行にて、「YOURMIRAI 欧州株マキシマム・ブル」、「YOURMIRAI 米国株マキシマム・ブル」、「YOURMIRAI 日本株マキシマム・ブル」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「米国ハイ・インカムBDCファンド(毎月決算型)」および「米国ハイ・インカムBDCファンド(年1回決算型)」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「三井住友・げんきシニアライフ・オープン」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「米国ハイインカム・ローン・ファンド(為替ヘッジ型)」の取扱いが始まりました。
エイチ・エス証券にて、「YOURMIRAI 欧州株マキシマム・ブル」、「YOURMIRAI 米国株マキシマム・ブル」、「YOURMIRAI 日本株マキシマム・ブル」の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「YOURMIRAI 欧州株マキシマム・ブル」、「YOURMIRAI 米国株マキシマム・ブル」、「YOURMIRAI 日本株マキシマム・ブル」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「YOURMIRAI 欧州株マキシマム・ブル」、「YOURMIRAI 米国株マキシマム・ブル」、「YOURMIRAI 日本株マキシマム・ブル」の取扱いが始まりました。
ジャパンネット銀行にて、「トヨタグループ株式ファンド」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「YOURMIRAI 欧州株マキシマム・ブル」、「YOURMIRAI 米国株マキシマム・ブル」、「YOURMIRAI 日本株マキシマム・ブル」の取扱いが始まりました。
野村ネット&コールにて、「アジア好利回りリート・ファンド」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「三井住友・日経225オープン」、「三井住友・国債プラスファンド(毎月分配型)」<愛称:円の達人>、「三井住友・日本株・成長力ファンド」<愛称:杉の子>、「三井住友・中小型株ファンド」、「三井住友・米国ハイ・イールド債券・メキシコペソファンド」、「コーポレート・ボンド・インカム(為替ヘッジ型/1年決算型)」<愛称:泰平航路1年決算型>、「コーポレート・ボンド・インカム(為替ノーヘッジ型/1年決算型)」<愛称:泰平航路1年決算型>、「中国人民元債券ファンド」<愛称:元・ボンド>、「米国中小型株ファンド・米ドルコース」、「米国中小型株ファンド・円コース」、「米国ハイインカム・ローン・ファンド(為替ヘッジ型)」の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「三井住友・グローバル・リート・オープン(1年決算型)」<愛称:世界の大家さん(1年決算型)>の取扱いが始まりました。
イオン銀行にて、「コーポレート・ボンド・インカム(為替ヘッジ型/1年決算型)」<愛称:泰平航路1年決算型>の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「三井住友・日本株グロース・オープン」<愛称:勝ち組!>、「三井住友・豪ドル債ファンド」、「三井住友・国債プラスファンド(毎月分配型)」<愛称:円の達人>の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「トルコ債券ファンド(毎月決算型)」の取扱いが始まりました。
イオン銀行にて、「三井住友・米国ハイ・イールド債券ファンド(為替ノーヘッジ型)」の取扱いが始まりました。
ジャパンネット銀行にて、「JASDAQ-TOP20指数ファンド」の取扱いが始まりました。
イオン銀行にて、「JASDAQ-TOP20指数ファンド」の取扱いが始まりました。
カブドットコム証券にて、「JASDAQ-TOP20指数ファンド」、「グローバル・ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジ型)/(為替ノーヘッジ型)」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「三井住友・米国ハイ・イールド債券・メキシコペソファンド」、「トルコ債券ファンド(毎月決算型)」の取扱いが始まりました。
岡三オンライン証券にて、「JASDAQ-TOP20指数ファンド」の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「JASDAQ-TOP20指数ファンド」の取扱いが始まりました。
ソニー銀行にて、「アジア好利回りリート・ファンド」の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「三井住友・225オープン」の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「オーストラリア・高配当株ファンド(毎月決算型)」の取扱いが始まりました。
エイチ・エス証券にて、「三井住友・グローバル・リート・オープン」<愛称:世界の大家さん>の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「三井住友・豪ドル債ファンド」、「コーポレート・ボンド・インカム(為替ノーヘッジ型)」<愛称:泰平航路>、「三井住友・ライフビュー・日本株式ファンド」、「三井住友・ライフビュー・日本債券ファンド」、「三井住友・ライフビュー・バランスファンド30(安定型)」、「三井住友・ライフビュー・バランスファンド50(標準型)」、「三井住友・ライフビュー・バランスファンド70(積極型)」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「三井住友・225オープン」の取扱いが始まりました。
フィデリティ証券にて、「三井住友・アジア・オセアニア好配当株式オープン」<愛称:椰子の実>の取扱いが始まりました。
カブドットコム証券にて、「オーストラリア・高配当株ファンド(毎月決算型)」、「トルコ債券・プレミアム・ファンド(毎月決算型)」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「三井住友・225オープン」、「三井住友・A株メインランド・チャイナ・オープン」の取扱いが始まりました。
ジャパンネット銀行にて、「アジア好利回りリート・ファンド」、「アジア好利回りリート・ファンド・トルコリラ」、「アジア好利回りリート・ファンド・ブラジルレアル」の取扱いが始まりました。
野村ネット&コールにて、「三井住友・G20α債券ファンド」、「三井住友・インド・中国株オープン」、「三井住友・アジア4大成長国オープン」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「オーストラリア・高配当株ファンド(毎月決算型)」、「グローバル・ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジ型)/(為替ノーヘッジ型)」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「オーストラリア・高配当株ファンド(毎月決算型)」、「グローバル・ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジ型)/(為替ノーヘッジ型)」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数ファンド」(6コース)の取扱いが始まりました。
野村ネット&コールにて、「三井住友・グローバル・リート・オープン」<愛称:世界の大家さん>、「アセアン成長国株ファンド」の取扱いが始まりました。
カブドットコム証券にて、「欧州株式指数ファンド」、「三井住友・ヨーロッパ国債ファンド」、「エコ・バランス」、「三井住友・日本株・競争力ファンド」、「三井住友・日本株Newバリューオープン」、「三井住友・インド・中国株オープン」の取扱いが始まりました。
カブドットコム証券にて、「アジア好利回りリート・ファンド」、「アジア好利回りリート・ファンド・トルコリラ」、「アジア好利回りリート・ファンド・ブラジルレアル」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「三井住友・中小型株ファンド」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「トルコ債券・プレミアム・ファンド(毎月決算型)」の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「アジア好利回りリート・ファンド」、「アジア好利回りリート・ファンド・トルコリラ」、「アジア好利回りリート・ファンド・ブラジルレアル」の取扱いが始まりました。
フィデリティ証券にて、「コーポレート・ボンド・インカム(為替ヘッジ型)」<愛称:泰平航路>の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「トルコ債券・プレミアム・ファンド(毎月決算型)」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「欧州株式指数ファンド」、「ベトナム株式ファンド」、「中国人民元債券ファンド」、「三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数ファンド」(6コース)の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「欧州株式指数ファンド」、「ベトナム株式ファンド」の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「世界高金利債券ファンド」、「グローバル高金利通貨ファンド」、「三井住友・米国ハイ・イールド債券ファンド(為替ノーヘッジ型)」、「三井住友・米国ハイ・イールド債券・中国元ファンド」、「三井住友・米国ハイ・イールド債券・ブラジルレアルファンド」の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「三井住友・USボンドオープン(為替ヘッジ型)/(ノーヘッジ型)」、「エコ・バランス」、「三井住友・中小型株ファンド」、「三井住友・ロシア株式オープン」、「コーポレート・ボンド・インカム(為替ヘッジ型)/(ノーヘッジ型)」、「香港ハンセン指数ファンド」、「中国民営企業株式ファンド」、「中国人民元債券ファンド」、「三井住友・NYダウ・ジョーンズ指数ファンド」(6コース)の取扱いが始まりました。
マネックス証券にて、「高成長インド・中型株式ファンド」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「日本生活成長株式ファンド」の取扱いが始まりました。
楽天証券にて、「アジア好利回りリート・ファンド」、「アジア好利回りリート・ファンド・トルコリラ」、「アジア好利回りリート・ファンド・ブラジルレアル」の取扱いが始まりました。
SBI証券にて、「アジア好利回りリート・ファンド」、「アジア好利回りリート・ファンド・トルコリラ」、「アジア好利回りリート・ファンド・ブラジルレアル」の取扱いが始まりました。
Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、 Adobe Readerが必要です。

トップページに戻る

■投資信託(除くETF)に係るリスクについて
投資信託の基準価額は、投資信託に組み入れられる有価証券の値動き等(外貨建資産には為替変動もあります。)の影響により上下します。基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。運用の結果として投資信託に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。したがって、投資信託は預貯金とは異なり、投資元本が保証されているものではなく、一定の投資成果を保証するものでもありません。
■投資信託(除くETF)に係る費用について
ご投資いただくお客様には以下の費用をご負担いただきます。

直接ご負担いただく費用

申込手数料
上限3.78%(税込)
換金(解約)手数料
上限1.08%(税込)
信託財産留保額
上限3.00%

投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用

信託報酬
上限 年 3.834%(税込)
その他の費用
監査費用、有価証券の売買時の手数料、デリバティブ取引等に要する費用(それらにかかる消費税等相当額を含みます。)、および外国における資産の保管等に要する費用等が信託財産から支払われます。また、投資信託によっては成功報酬が定められており当該成功報酬が信託財産から支払われます。投資信託証券を組み入れる場合には、お客さまが間接的に支払う費用として、当該投資信託の資産から支払われる運用報酬、投資資産の取引費用等が発生します。これらの費用等に関しましては、その時々の取引内容等により金額が決定し、運用の状況により変化するため、あらかじめその上限額、計算方法等を具体的には記載できません。

※なお、お客さまにご負担いただく上記費用等の合計額、その上限額および計算方法等は、お客さまの保有期間に応じて異なる等の理由によりあらかじめ具体的に記載することはできません。

《ご注意》
上記に記載しているリスクや費用項目につきましては、一般的な投資信託を想定しております。費用の料率につきましては、三井住友アセットマネジメント株式会社が運用するすべての投資信託における、それぞれの費用の最高の料率を記載しております。投資信託に係るリスクや費用は、それぞれの投資信託により異なりますので、ご投資をされる際には、販売会社よりお渡しする投資信託説明書(交付目論見書)や契約締結前交付書面等を必ず事前にご覧ください。

〔2017年5月31日現在〕

■ETFに係るリスクについて
ETFは値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動もあります。)を組み入れますので、市場取引価格または基準価額は大きく変動し、投資元本を割り込むことがあります。運用の結果としてETFに生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。したがって、ETFは預貯金とは異なり、投資元本が保証されているものではなく、一定の投資成果を保証するものでもありません。
■ETFに係る費用について
ご投資いただくお客さまには以下の費用をご負担いただきます。

直接ご負担いただく費用

売買委託手数料
市場を通してETFに投資するお客さまにご負担いただきます。取扱証券会社毎に手数料が異なりますので、その上限額を表示することができません。
取得時手数料、交換時手数料
ETFについて取得、交換を行うお客さまにご負担いただきます。販売会社毎に手数料が異なりますので、その上限額を表示することができません。

投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用

信託報酬
以下の(1)および(2)の合計額になります。
(1)ファンドの純資産総額に年0.2376%(税込)以内の率を乗じた額
(2)株式の貸付けの指図を行った場合は、その品貸料に0.54(税込)以内を乗じて得た額
その他の費用
監査費用、有価証券の売買時の手数料、デリバティブ取引等に要する費用(これらにかかる消費税等相当額を含みます。)、および外国における資産の保管等に要する費用等が信託財産から支払われます。また、受益権の上場にかかる費用および対象指数の商標(これに類する商標を含みます。)の使用料(これらにかかる消費税等相当額を含みます。)を信託財産中からご負担いただくことがあります。これらの費用等に関しましては、その時々の取引内容等により金額が決定し、運用の状況により変化するため、あらかじめその上限額、および計算方法等を具体的には記載できません。

※なお、お客さまにご負担いただく上記費用等の合計額、その上限額および計算方法等は、お客さまの保有期間に応じて異なる等の理由によりあらかじめ具体的に記載することはできません。

《ご注意》
上記に記載しているリスクや費用項目につきましては、一般的なETFを想定しております。費用の料率につきましては、三井住友アセットマネジメント株式会社が運用するすべてのETFにおける、それぞれの費用の最高の料率を記載しております(当資料作成基準日現在)。ETFに係るリスクや費用は、それぞれのETFにより異なります。株式の拠出によりETFの取得(応募)をご希望の場合には投資信託説明書(交付目論見書)を販売会社(指定参加者)よりお渡しいたしますので、必ず内容をご確認ください。ETFを金融商品取引所で売買される場合には、投資信託説明書(交付目論見書)は交付されません。売買をお申込みになる取扱証券会社に当該取引の内容についてご確認ください。

〔2017年5月31日現在〕

(投資信託(含むETF)について)

  • 当サイトは、三井住友アセットマネジメント株式会社が、ファンドの商品性格および運用状況等についてお伝えすることを目的として作成したものであり、特定の商品の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。
  • 当サイトの内容につきましては当社が信頼性が高いと判断した情報等により作成したものですが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
  • 当サイトの内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。コメントは、作成時点での投資判断を示したものであり、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。また、運用実績等に関するグラフ・数値等は過去の実績を示すものであり将来の運用成果をお約束するものではありません。
  • 当サイトに分配金の実績が示される場合、それらは当該ファンドの過去の実績であり、将来の分配の実行をお約束するものではありません。運用状況によっては、分配金額が変わる、又は分配金が支払われない場合もあります。
  • 当サイトに記載しているインデックス等の知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
  • 投資信託は預金ではありません。投資信託は株式等値動きのある証券(外国証券には為替の変動もあります)に投資しますので、基準価額は変動いたします。従って、元本や利回りが保証されているものではありません。
  • 投資信託は預貯金や保険契約と異なり、預金保険・貯金保険・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
  • 投資した資産の価値の減少を含むリスク(価格変動リスク・為替変動リスク・信用リスク等)について、投資信託をご購入のお客さま(受益者さま)が負うこととなりますので、ご自身でご判断頂きますようお願いいたします。
  • 当サイトに評価機関等第三者による投資信託・運用者に対する評価・分析が掲載される場合、その評価・分析は過去の一定期間の実績を評価したものであり、将来の運用成果を保証するものではありません。
  • 当サイトに掲載している情報の内容(リンク先のサイト含む)に関しては、万全を期しておりますが、当サイトに記載された情報を使用することによって被ったいかなる損失についても、三井住友アセットマネジマント株式会社が補償するものではありません。また、予告なく当サイトに掲載した内容が、変更・または廃止される場合がありますのであらかじめご承知おきください。

(ETFについて)

  • 金融商品取引所における取引価格と当サイト掲載の基準価額は異なります。金融商品取引所における価格情報等については、売買をお申込みになる取扱証券会社にお問い合わせいただくか、ETFが上場する金融商品取引所のウェブサイト等をご覧ください。

(投資信託(除くETF)について)

  • 投資信託説明書(交付目論見書)と異なる内容が存在した場合は、最新の投資信託説明書(交付目論見書)が優先いたします。
  • 投資信託のお申込みの際には、最新の投資信託説明書(交付目論見書)をあらかじめあるいは同時にお渡しいたしますので、必ず内容をご確認ください。投資信託説明書(交付目論見書)は各販売会社までご請求ください。
  • 投資信託を証券会社以外でご購入いただいた場合、投資者保護基金の対象とはなりません。
  • 各販売会社における詳しいお取扱い状況については、直接販売会社にお問い合わせください。

(クッキー(Cookie)について)

  • 当サイト内では、クッキー(Cookie)の機能を使用しております。クッキーとは、ウェブサーバーとブラウザの間でやりとりされる小さなデータです。このデータはプログラムとして実行されないため、プログラムやウィルスを含むことはございません。
  • クッキーは、一般に、お客様がウェブサイトを訪れていただいた際の設定内容を、再訪問の際に認識するために使われます。この機能を有効にするためには、クッキーを受け入れる設定を有効にする必要がありますが、ブラウザ側の設定や管理は、お客様の責任においておこなっていただくものとします。なお、このクッキーの受け入れを無効にした場合、一部のサービスをご利用いただけない場合もございますので、何卒ご了承ください。