活動ブログ

長期・分散・積立投資のすゝめ…「始めよう投資信託セミナー」~慶應義塾大学(10月26日)~

三井住友アセットマネジメント「始めよう投資信託セミナー」は今回、慶應義塾大学の学生の方々を対象に開催しました。これまで日本全国を巡るセミナーや企業内セミナーを開催してきましたが、大学での開催は今回が初めてとなります。2部構成で、前半は「始めよう投資信託セミナー」と同様の内容をお届け、後半は日本国債と日本の財政について、学生の方々にお話しをさせて頂きました。

「始めよう投資信託セミナー」は、これまで資産形成層の方々に向けて投資信託の「長期・分散・積立投資」について全国各地でお話しをしてきました。今回は来年・再来年に社会人になる、まさに資産形成層ど真ん中の方々が対象です。会場は慶應義塾大学の三田キャンパス、ゼミの時間を2コマ使っての開催です。参加した約30名のうち投資経験のない学生がほとんどでしたが、最後まで真剣に聴講してくださいました。

講師はオンラインマーケティング部長の宗正彰(写真下左)と、資産運用サポート部長の長篤(写真下右)が務めました。前半は、宗正が投資信託の基本について、長が「長期・分散・積立投資」についてお話ししました。当日の2人は、大学教授のような気分です。すっかり“教授”になりきって話も弾みます。後半はますます大学の講義の様相となり、長が財務省発行の「日本の財政関係資料」他を用いて日本国債と日本の財政についてお話しをしました。活発な質疑応答がなされ、充実した時間となりました。

難しくなかったか、ちゃんと伝わったか正直不安もありましたが、アンケートには「投資信託の構造を知ることができて良かった」、「難しい内容でしたが、わかりやすかったです」、「投資を始めてみようと思いました」、「様々な方法でリスク分散できることを知り、大変勉強になりました」、「正しい知識が身に付きました」等々、メッセージを頂き一安心でした。聴講してくださった皆さま、本当にありがとうございました。またご不明な点があったらいつでもご質問をお寄せください!

さて、慶應義塾大学と言えばやはり、創設者の福澤諭吉先生です。キャンパス内の福澤先生の銅像の横に講師2人が並び、「長期・分散・積立投資のすゝめ」とも言える「始めよう投資信託セミナー」の歩みを今後も高らかに進めて行こう、と決意を新たにしました(写真上)。本セミナーは今後、各大学でも開催していきます。授業やゼミ等でのご要望がございましたら是非お気軽にご連絡ください!弊社の“教授”陣がお伺いいたします。 0120-45-1104(ようこそ、いい投資)

現在決定しているセミナースケジュールはこちらから↓
https://tyokuhan-net.smam-jp.com/calendar/index,1,list1,4.html

オンラインマーケティング部  山下言彦

ページ上部へ