活動ブログ

漫画家・三田紀房氏も登壇!「ネットでNISAフォーラム」で…「始めよう投資信託セミナー」 ~両国国技館(2月14日)~

三井住友アセットマネジメント「始めよう投資信託セミナー」は、「ネットでNISAフォーラム」の中で開催しました。同フォーラムは、SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券のオンライン証券4社共催で毎年開催している、日本最大の投資信託イベントです。竹中平蔵氏など著名人による講演、複数の運用会社のセミナーやブース出展などで賑わいます。会場は両国国技館。弊社は大ホールと大広間でのセッションそしてブース出展を実施、10名の社員が駆けつけました(写真上)。

両国国技館は、大相撲の本場所のうち一月・五月・九月場所が開催される会場として知られています。先日の一月場所で琴奨菊の初優勝に沸いた、あの場所です。この日の大ホールは、お馴染みの土俵と枡席が格納され、吊り屋根は天井まで引き上げられていました。向正面に設置された特設ステージで、弊社は「始めよう投資信託セミナー ~今からはじめる資産形成~」と題したメインセッションを行いました。ゲストは、投資をテーマとした学園漫画「インベスターZ」作者の三田紀房氏です。

メインセッションでは、オンラインマーケティング部長の宗正彰と三田氏がクロストークを行い(写真下左)、進行役は資産運用サポート部長の長篤と同部の北田真弓が務めました(写真下中)。宗正と三田氏のトークセッションは、今回で4回目。息の合ったトークが続きます。三田氏は、現在のような値動きの激しい相場環境では「投資信託は資産を分散して投資するので体に優しい」と語り、また、今後「インベスターZ」に投資信託が登場することを壇上でサプライズ発表、会場は驚きと期待に包まれました。

メインセッションの前には、国技館地下の大広間においてミニセッションを2回開催しました。ミニセッションの講師は、資産運用サポート部の北田。資産形成をこれから始めようという方にも分かりやすいように、分散投資の意義と効果について身近な例を挙げながら解説し、「長期投資・分散投資・積立投資」に適した投資信託として、弊社が運用する二つのタイプのバランス型ファンドをご紹介しました。200名定員の会場は即満席となり、入場規制がかかるほどの盛況ぶりでした(写真下右)。

宗正、長、北田、ともに日本全国で開催している「始めよう投資信託セミナー」でおなじみの講師です。三田氏のお話でもあった通り、投資信託の「体に優しい」特性を活かした「長期・分散・積立投資」という3つの手法を用いた資産形成について、全国でお話しさせて頂いています。これまで開催したセミナーの様子は、こちらのFacebookページでご紹介しておりますので、是非ご覧ください。全国47都道府県でのセミナー開催達成まで残りわずかです。今後のスケジュールは下記URLからご確認ください。
https://tyokuhan-net.smam-jp.com/calendar/index,1,list1,6.html

オンラインマーケティング部  山下言彦

ページ上部へ