活動ブログ

『SMAM ONLINE PRODUCE(エスマム・オンライン・プロデュース)』~三井住友アセットマネジメント非対面チャネル強化推進プロジェクト~

三井住友アセットマネジメント オンラインマーケティング部長の宗正彰です。
当ブログには高い頻度で登場していますが、筆者としては久々の登場です。(微笑)

『SMAM ONLINE PRODUCE』(エスマム・オンライン・プロデュース)をリリース後、早くも一年以上が経過しました。当プロジェクトリリースに至った経緯は、以前までは弊社の担当部署経由にて、対面の販売会社様より頂きました「オンラインマーケティング」に関わるご質問に対し、個別にその都度、私よりご回答させて頂く形式でした。ところが、頂くご質問の数が増加の一途を辿ることとなり、弊社松下社長の鶴の一声にてプロジェクト化、現在に至ります。

販売会社様毎にオンライン・リテラシーやオンラインスキームに関わるスペック等が異なるため、頂くご質問は様々ですが、大きく以下の「8項目」に集約することができます。

「インターネット投信の販売額を伸ばしたい」、「HPの訪問者数を増やしたい」、「SNSを活用して情報発信を強化したい」、「広告の種類と選び方がわからない」、「HPやメール向けコンテンツが足りない」、「アクセス解析を投信販売にいかしたい」、「若年層や資産形成層にアプローチしたい」、「新聞・雑誌・ラジオ・テレビを利用したい」。

三井住友アセットマネジメント(SMAM)には、『運用会社だからこそお応えできるノウハウと実績』があります。改めまして、当プロジェクトリリース時のメッセージをここに掲げさせて頂きます。少しでも皆さまのお役に立てることを願うばかりです。


<当プロジェクトメッセージ>
スマートフォンやタブレット端末等の普及に伴い、オンラインチャネル(非対面チャネル)を活用したブランディングやマーケティングに関わるご相談を頂くことが多くなりました。
この背景には、お取扱い商品数の多さと異なるお客さまニーズ、分かりやすくお伝えすることの重要性、日々の市場変動に対する機動的な情報発信など、『投信業界固有の課題』があるものと思われます。
三井住友アセットマネジメント(SMAM)には、『運用会社だからこそお応えできるノウハウと実績』があります。
大手運用会社初の投信直販による「ブランディング」や「マーケティング」、オンライン上の親和性を重視した「マーケットレポート」や「資産形成コンテンツ」、訴求力を重視した「動画制作・配信」、場所や時間にとらわれない「Web会議」・・・等々。
今後、拡大の一途が予想されるオンラインチャネルの可能性について、是非一度、お話の機会を頂けましたら幸いです。
近いうちにお会いできることを楽しみにしています。
<SMAMオンライン・プロデュース プロジェクトリーダー>
三井住友アセットマネジメント オンラインマーケティング部長  宗正彰(むねまさ あきら)

ページ上部へ